×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚祝いの知識

結婚祝いに何を贈る
祝儀袋やのしの書き方
結婚祝いの相場は?
結婚祝いのタブー

結婚祝いのタブー

現金や商品券を包む場合は、二つに割れるのは縁起が悪いという事で偶数は避けるべきと云われています。 ただし、「2万円」というのは近年では許容される風潮のようです。
社会人になって間もないような、若い独身の方が職場の同僚や友人の結婚披露宴に招待され、 1万円では少ない、でも3万円はきつい・・・という場合は 相手方が余程厳格で昔ながらのしきたりにこだわるのでない限り、2万円でも問題ないと思います。

2万円は概ね許容されますが、4万円以上で偶数は避けるべきです。 特に4、そして奇数でも9という数字は縁起が悪いので避けるのがマナーです。 偶数でも、10万円というのはきりの良い数字で1つの単位ともみなされるので問題ないです。

物品を贈る場合は、昔から「切れる」物、「割れる」物はタブーとされてきました。 今でも相手から欲しいと希望された場合を除き、ハサミや包丁はもちろん、 台所用品でも野菜カッター等は避けた方がよいです。

割れ物に関しては、陶磁器の食器やグラス類は現代では結婚祝いとして非常にポピュラーで 一般的に許容されています。